スペアキーが無くなってしまったとき

鍵トラブルというものは生きていれば一度は起きるものだと思います。私もつい最近そういったのトラブルにまきこまれたことがありました。それは、スペアキーをなくしてしまって、家の中に入ることが出来なくなってしまった時でした。家の本カギは主人が携帯していて、自宅の近くに隠してあるスペアキーで入ろうとしたときに、それが見当たらなかったのです。そこで慌てた私は鍵業者さんを呼んで、鍵をあけてもらいました。
鍵がなくなっているのが不安なので交換の相談も一緒にしたところ、防犯のことについても話してもらってその場で交換してもらうことにしました。鍵も新しくなって安心できました。本当こういった鍵トラブルは勘弁して欲しいものです。

鍵の修理を頼むにはどういう店がいいのか?

鍵というのは、家のドアや車のドア等、貴重品を守るのに必要なものですが、それが壊れたり、紛失すると大変なことになります。こういう場合の時に頼りになるのが、プロの修理屋でしょう。今回はその一つであるカギの生活救急車を紹介します。ここは最近、東証一部に上場したこともあり、かなりの利用者の支持を集めています。鍵の開錠をもちろん、鍵を紛失をした場合も鍵穴から鍵を作成します。さらに防犯対策の鍵作成もしっかして安心できます。

いつもは気にとめないが、無いと困る鍵。

鍵にも色々ありますが、共通して言える事は、
紛失すると、とにかく困るという事です。
こじ開けると言う訳にもいきません。
そんな時頼りになるのは、鍵の修理屋さんではないでしょうか。
最近では鍵も多様化しています。それでもプロに任せれば安心です。
もちろん鍵を紛失したならスピーディーに開けてくれますし、
鍵の交換にも対応してくれます。
心配な事は依頼する時に、電話で確認するといいですね。
いざという時のためにも、
近くの鍵の修理やさんの電話番号を知っておくと安心です。

鍵の故障は修理業者に連絡する前にまずは自分で対応

鍵の調子が悪いといった際、修理業者に電話する前にまずは自分で解消できるか確認してみる必要があります。鍵の調子が悪いといった場合、鍵屋鍵穴にゴミがつまっている可能性もあります。まずは鍵穴に掃除機をつけ中のゴミを吸い取ります。次に鍵自体に付着しているゴミを歯ブラシ等で掃除し、再度鍵穴に挿してます。この際にあまり強く回したり押したりすると、鍵穴が傷ついてしまう恐れがあるので注意する必要があります。それでも調子が悪い際は、修理業者にお願いし対応してもらうと良いでしょう。

自宅の防犯対策のすすめ

あまりお金をかけずに手軽に自宅の防犯性を高めたい、という方のために簡単な方法をご紹介します。それは、1ドア2ロックにすること、つまり一つのドアに鍵を二つつけるということです。鍵が二つついていることで、侵入に必要な時間は倍になります。手間取りたくない犯人に対して、最初から侵入を諦めさせる視覚的な効果も高いといえます。
高性能で高額なものである必要はありません。簡単な補助錠を一つずつ、玄関や裏口、勝手口のドアに取り付けるだけで防犯性を確実に上げることが可能です。

鍵のトラブルと対処法

毎日ごく一般的に使用する鍵ですが、毎日使用する分発生するトラブルも多いです。
鍵がおれたり、曲がったり、抜けなかったり、落としたり、盗まれるなんてこともあります。
最も多い鍵のトラブルは紛失です。紛失しないことも大事ですが、スペアキーなどを用意しておくことが大切です。
また鍵穴などのトラブルで、鍵は入らなかったり回すことができない場合もあります。回し方や力を変えて解決することもありますが、内部の構造は精密機械で非常にデリケートな一面もあるため鍵屋などプロに修理してもらうことが多いです。防犯のためにも、玄関などの鍵のトラブルには気を使うことが大切です。